403 ミースの余白_Federal Center Chicago(2)

f:id:y-sag:20190607081751j:plain

この広場にある独特の緊張感といやすさ.

どこか, RCR作品の空間に感じるものと非常に似ている.

 

 

f:id:y-sag:20190607080331j:plain

おそらくこの緊張感を生み出していると思われるのが, 座標系とプロポーション.

広場を舗装する花崗岩板, 石のベンチ, 緑地帯, 建物の列柱, サッシ割, 徹底して同じ規律のグリッド状に揃えられている.

 

f:id:y-sag:20190607080410j:plain

グリッドに揃えるだけ. 一見陳腐で, どこか人間味のないコンピューター的な無限空間を連想させる.

けれどその広場を, 人がグリッドと関係なく絶えず色々な方向に横切っていく様子を石のベンチに座って見ていると, それと合わせて完成する空間を感じる.

 

f:id:y-sag:20190607075531j:plain

シカゴという摩天楼都市の喧騒の中, 静かに見ていられて飽きない場所.

RCRは間違いなくミースから大きな影響を受けているだろう.

双方の空間を体験してそう感じずにはいられなかった.

 

f:id:y-sag:20190607081836j:plain

この広場でもう一つシンボリックなのがカルダーの彫刻.

朱色に塗装された薄い鉄板とリブを組み合わせて立ち上げた, 工業的な巨大彫刻は, ミースの建築とも不思議に調和していた.

あたかもミースの引いたグリッドの座標点からカルダーがいくつか選び, 立体曲線でつないだ形がそのまま立ち上がっているような印象すらあった.

402 ミースの余白_Federal Center Chicago(1)

f:id:y-sag:20190607202417j:plain

黒塗りの鉄骨フレームとマリオン, ガラス, トラバーチンの壁.

シカゴのIBMビルやレイクショアドライブアパートメント、ニューヨークのシーグラムビルなど、多くのミース建築を今回滞在中に見た.

デザインコードが共通のため, おそらく部分だけを見せられたら, 正直自分には区別がつかない.

 

だが, このシカゴのフェデラルセンターは別格だと感じた.

f:id:y-sag:20190607075245j:plain

建物単体としての構造の明快さ, 納まり, プロポーション,ミースの「オーダー」.

これら、建物の'実'としての部分に目が行きがちになる.

けれど, フェデラルセンターは3棟に囲われた広場, つまり'虚'の空間が中心であり主役である. 今回肌で感じたのは, ミースが抜群に上手いのはこの余白部分の作り方ではないか, ということだ.

 

f:id:y-sag:20190607201224j:plain

 広場は二つの高層棟にL字に囲われている.

そして効いているのが, 三つ目の要素として置かれたこの平屋の低層棟.

この機能は郵便局なので, カウンターの中では局員が執務をし, 絶えず利用者がここを出入りする.

高層棟の1F部分の機能は, たいていがエントランスロビーかエレベーターホールなので, 警備員が目を光らせ, 人々が足早に通過するだけのスペース.

もしこの広場の周りが高層棟だけだったなら, この広場はもっと殺風景になっていたはずだ.

人の活動のある内部空間が広場レベルに設けられたことが, この場所の質を高めている.

 

f:id:y-sag:20190607081038j:plain

この郵便局, 平屋としては天井が異常に高い.

周囲二つの高層棟のピロティ部分と同じ高さで揃えられている.

内外の連続性が強調され, 建物内部というより広場の中にいる感覚になる.

 

つづく

 

401 to 1960s TWA

f:id:y-sag:20190619080027j:plain

近代という歴史をうまい具合に帯び, それを活用している.

帰国直後に立ち寄った旧TWA Terminal(現TWA Hotel)はまさにその好例.

 

f:id:y-sag:20190619080500j:plain

喧騒のJFK Airport Terminal 5.

連絡エレベーターの文字盤には'1960s'と'Present Day(現在)'の2つのボタン.

 

f:id:y-sag:20190619075357j:plain

'1960s'に着くと, やわらかな形状の長い通路が待ち受ける.

ここからすでにE.サーリネンの空間が始まっている.

 

f:id:y-sag:20190619075458j:plain

通路を抜けると途端に広がる,RCシェルによる優美な空間.

建物というより白く柔らかい空気感に包み込まれるような感覚は, これが最近完成した最新の建築作品と言われても信じてしまうような新しさがあった. (実際ここが改修されてホテルとしてオープンしたのも最近なのだが, その意味での新しさではない.)

これが約60年前に実現した建築なのだから驚きだ.

 

f:id:y-sag:20190619075526j:plain

表示盤がパラパラと回転するアナログなフライト案内板も当時のものなのだろう.

おそらく今はホテルのロビーとして使われているのであろう大空間には, 1960'sのアメリカンポップが流れていた.

 

f:id:y-sag:20190619075553j:plain

内外を横断する構造体.

外の柱が屋根になり, 内部の天井になり, 2Fの床になり, 壁になり, たまに椅子にもなる.

伊東豊雄の台中オペラハウス等で起こっていることが, 既に60年前にここで行われ, 今も何の遜色もなく残っている.

 

f:id:y-sag:20190619075632j:plain

構造とディテールが相互にこの空間を高め合っている.

よく見るとものすごく奇妙な形をしている階段の手すりも, この空間に身を置くとごくごく自然で心地よいものに感じられる.

 

f:id:y-sag:20190619075755j:plain

このシェルに包まれた大空間の1Fと2Fを回遊することができるのも, この空間の心地良さにつながっていると思う.

そのブリッジは, 両側の曲面壁からせり出した方持ちの床が, ちょうど空間の中央, シェルの頂点から吊られた時計の真下で接して連結している.

 

f:id:y-sag:20190619080053j:plain

外観も内観も宇宙船のように奇抜だ.

けれど, 実際の空間体験はこの上なく自然で心地良く, 違和感を感じなかった.

完成から60年経っても, 商業的なものに転用されても, その良さが損なわれていないのは,

既存を尊重した改修・運営方法もさることながら, 構造=空間であり空間=構造であるためだろう.

 

むしろ当時の喧騒からは切り離され, 今なら程よい静寂の中でこの空間を楽しむことができる.

400 AMERICA_2019

f:id:y-sag:20190626000640j:plain

2019年初夏, アメリカ.

高校の頃CA, AZに行って以来だが, 中部・東部は初上陸.

ヨーロッパと並ぶ, 現代建築大国.

 

Chicago→Kansas City→Dallas→Fortworth→Pittsburgh→New York

と巡った.

 

ヨーロッパと比べて, 街並に魅力のない国(=歴史的な街並がないから)

というのが訪問前, かねてより抱いていた印象.

 

けれど, 実際訪問してみると, 「近代」という歴史を上手い具合に帯びつつある,

そしてそれを上手い具合に活用している実体が見えてきた.

216 Fer-ho nomes es

Fer-ho nomes es un gran chance i tambe un gran risc.

 

Una comunicacio amb bones persones, em dona un estimul bo.

Pero una comunicacio amb no tan bones persones teu perdes no solament el teu temps sino perdes el teu estimul tambe. Es una perdua molt gran.

 

Tambe, si el teu mestresses falsa persona, el teu perdes no solament el teu temps per estimar-la, sino la teva vida va a destruir i no va a reparar. No hi ha ningu soccorrer-tu.

 

He de triar el correcte amb ciudado, per protegirme.

215 ローカルビジネスと建築(番外1)

JR中央ラインモール開業は2014年末頃のことのようだ.

当時の自分の中では, 公共建築(≒地域拠点の施設)の対極にあるのが商業建築であり, ここは商業建築として認識されていた.  そもそも当時, 地域拠点施設という概念自体あまり無かったように記憶している.

JRを中心とした高架下活用+沿線開発のプロジェクトで, 複数の不動産会社が関与しているようだ.

改めて見ると, これも昨今の地域拠点ムーブメントに関連してそうに見えなくもない. それどころかこちらの方が時期としては早い. 

ということで東小金井周辺を歩いてみた.

 

<ヒガコプレイス>

f:id:y-sag:20190508130521j:plain

コンセプトは「地域で暮らし, 地域で営む」.

東小金井駅の高架下はnonowaというJRのショッピングモール, 駅から少し離れた高架下を民間他社に委託しているようだ.

駅から少し歩いた高架下に建物を描いたような白いフレームが見えてくる.

 

f:id:y-sag:20190508131618j:plain

このフレームが店と歩道との間に中間領域を作っている.

特に武蔵境側は, 高架下の向かいが元々鉄道用地(貨物車庫と変電所)だったようで, 現在はまだ工事バリケードが続き何も無い状態だった.

 

f:id:y-sag:20190508154229j:plain

5組の工芸職人が入居する atelier tempo.

骨組みむき出しの簡素なコンテナハウスの中に, ミシンや作業台が並んでいる.

コンテナが使われているのは, JRから民間への定期借地であることが原因のようだ.

 

f:id:y-sag:20190508153732j:plain

高架のRC柱には, サインによる地域情報. 

 

<PO-TO>

f:id:y-sag:20190508132800j:plain

ヒガコプレイスの隣は, KO-TO → PO-TO → MA-TOと続く.

PO-TOは「店舗, 工房, ショールームを併設できるシェアオフィス」というコンセプト.

テナント部分はこじんまりしているが, 間口一杯のドアがショーウィンドウとなり, 道に面して小さな可愛い店が並ぶようなイメージ. 

 

f:id:y-sag:20190508153419j:plain

入居者の一人, HACOBEの渡辺さんはパッケージデザイナー.

自宅を本業の事務所にしているが, そのワークスタイルだと地域や社会との繋がりがどうも希薄になると感じ, オープンな工房兼アンテナショップとしてここに入居している.

東京オリンピック2020の種目を浮世絵の江戸人に見立てた「江戸×運動」シリーズ等, キャッチーかつ良心的な価格のグッズが並ぶ.

 

f:id:y-sag:20190508133257j:plain

テナント入居者は別棟シェアスペースのキッチンや複合機等も利用可能.

分棟になったコンテナハウスなので, 一度外に出てからカードキーで入室する.

これは若干不思議な感覚だった.

 

<MA-TO>

f:id:y-sag:20190508133913j:plain

PO-TOの先はこれからオープン予定のMA-TO.

PO-TOが工房的だったのに対し, MA-TOはキッチン機能が付加され, 飲食店を開ける造り. ヒガコプレイスのように, 歩道から高架下の内側にセットバックして中間領域を設けている.

f:id:y-sag:20190508135500j:plain

奥の棟には, もう少し広めの業務用厨房や, 工作室, セミナー室が備えられている.

f:id:y-sag:20190508135116j:plain

 

不動産業界の変化として見ると, これは画期的で先進的だ.

聞いた話だが, テナント入居者も運営会社側で厳しく審査し, 空室を埋めることよりもモール全体の雰囲気づくりを優先しているとのこと.

 

しかし一方, 題名で(番外1)としているのは, 建築そのもののあり方が210〜212で挙げた事例に比べるとやはりまだ商業的で不動産的要素が強いと感じたためだ.

理由としてはいくつか考えられる.

まず, コンテクストの不在. この場所はそもそもが中央線の高架化によって新たにできた場所のため, 前者のようにもともと商店街やマーケットで活気があったり, 多くの人が住んでいたりということがない. 住人についてはまさに今沿線周りに建売が急ピッチで整備されているように, 魅力を後付けしたあとに住む人を呼び込もうとしている側面がある.

そして, これが何より大きいと思うのだが, カスタマイズの不在だ. 事例211, 212は特に作り手(=使い手)のこだわりや個性, 元々そこにあったものへの尊重など, 手作りされた「一点モノ」感が非常に強いからこそ, いわゆる建築家作品ではないのだが建築としての魅力が感じられた.

が, ここでは定期借地(あとおそらくコスト)の制約もあり, 作り手が可能な範囲でデザインしたコンテナハウスを用意し, 使い手はその個々のテナント内のみをカスタマイズすることに止まってしまう. 結果として, この場所の魅力は使い手のコンテンツ(=商品)次第に寄ってくるように思う.

とにかく, 今このモールを見たからこそ多くの気づきがあった.

214 大分芸文短大キャンパス整備_Oita PJC Project

f:id:y-sag:20190401170836j:plain

大分県立芸術文化短期大学キャンパス整備(2019)

音楽ホール棟+図書館+芸術デザイン棟+シンボルロード

デネフェス・オンデザイン設計JVで2015年末から設計監理を行ってきた大分芸文短大キャンパス整備第一期が, 3月の音楽ホール棟・シンボルロード整備の完成を以ってようやく完了. GA Japan 158にて掲載していただいた. 右側は大分のローカルな情報誌「フムフム vol.13」.

f:id:y-sag:20190430220320j:plain

In this March, the project of 'Campus Renewal of Oita Prefectural College of Arts and Culture, 1st phase' ; design & supervision at Denefes+Ondesign since the end of 2015, has been completed, by the complete of the Music Hall Building and the Symbol Road. Posted by 'GA Japan 158', and 'Humhum vol.13' local paper of Oita.

En el marzo, la proyecto de 'Renovacion del Campus de la Escuela de Arte y Cultura de la Prefectura de Oita, 1a fase'; deseno y supervision en Denefes+Ondesign desde finales de 2015, se ha completado, por la finalizacion del Edificio de Salon de Musica y el Camino Simbolo. Publicado por 'GA Japon 158', y 'Humhum vol.13' periodico local de Oita.

 

3年に渡り, 実施設計から監理, 完成までこのようなプロジェクトに携われたことは本当にありがたいことだった. 3年前, 木々の鬱蒼とした既存キャンパスに足を踏み入れ, 1ヶ月に2回ほどここに通い, 大学側の人, 県の人, 施工者の人, 本当に色々な人々と議論を重ねながら, 次第にキャンパスが設計パースのイメージに様変わりしていくのを見続けることができた. 3棟の新築と1棟の改修, そして外構, 紆余曲折ありつつ, 始めにプロポーザルで共有されていた全体像をリレー形式でつないでいきながら.

f:id:y-sag:20190401150637j:plain

It was really grateful for me to participate in such a project as a project manager for 3 years, from final design process, supervision and the completion. 3 years ago, since I visited the existing drowsy campus, have come here twice a month, have argued many times with many persons like the staffs of college, the government workers, the builders, and I have been able to watch the gradual change of the campus toward the first image of the design. 3 new buildings, 1 building renovation, and the landscape. There has been many twists and turns but with relaying the first overall picture at the proposal.

Era muy agradecido por me a participar en tal proyecto por 3 anos como gerente de proyecto, desde processo del deseno final hasta supervision y la terminacion. Hace 3 anos, desde habia visitado campus con bosque denso, seguiaba a venirlo dos veces al mes, teniaba discusiones muchos veces con muchos personas como los personales de la universidad, los trabajadores del gobierno, y los constructores, y he podido ver el cambio gradual del campus al primer cuadro del deseno. 3 edificios nuevos, 1 edificio de renovacion y al paisaje. Habia muchos giros y vueltas, pero con transmitiendo el primer cuadro global de la propuedsta.

 

 

県産杉の製材を立体的に組み合わせた, 構造としての雲状木屋根.

正門脇に新築する図書館, そこから伸びるシンボルロード, その突き当たりに新築する音楽ホール棟, 曲がった先には芸術デザイン棟. そのルートを迎え入れるようにこの木屋根がそびえて, 点在する居場所を作っている.

図書館の軒は低いところでは2.4m程度. 軒下を歩くだけで杉の香りも感じられる. 平日には軒下で座ったり, 立ち止まって話す学生の姿もちらほら. 納まりとか出来栄えとか以前に, こうした体感的・体験的な部分が実現できていることは素直に嬉しい.

f:id:y-sag:20190401145019j:plain

'The roof of cloudy wooden truss' which is 3D combine of ceder lumber from Hita, Oita. The New Library beside the main gate, the Music Hall Building at the end of the Symbol Road from the main gate, and the Art and Design Building is at the corner of the New Library. Catching these routes, the wooden truss roofs spreaded create spaces of activities. The eaves of the Library is about 2.4M height as minimum, you can feel the aroma of the cedar only by walking under the eaves. At daytime, some students sit or stand there and are talking. I'm very happy with this accomplishment of those 'bodily sensation' and 'expeliencial' parts; than the details or the execution.

'El techo de armadura de madera nubulada' que es 3D combinar de madera de cedro de Hita, Oita. La nueva Biblioteca al lado de la puerta principal, el Edificio de Salon de Musica al final del Camino Simbolo desde la puerta principal, y el Edificio de Arte y Deseno esta en la esquina de la nueva Biblioteca. Cogiendo estas rutas, los techos de armadura de madera extendido crean los espacios de actividades. Los aleros de la Biblioteca tiene aproximadamente 2.4M de altura minimo, por eso tu puedes sentir la aroma del cedro, solo por caminar bajo los aleros. Estoy muy alegro con esta realizacion de los partes 'sensacion corporal' y 'expeliencial', mas que la detalla o la ejecucion.

 

図書館のラーニングコモンズ. 周囲の外構に沿わせて, 3段階の高さの場所がある.

本当は内部含めて全て同じ雲状木屋根構造としたかったが, 法的条件はクリアしたものの建主との協議の末叶わず. 同じく相互依存構造の木天井で外部の木組との連続性を作り出している. 構造ではない木天井ではあるものの, 照明, 空調や柱割等との整合は注意深く行った.

f:id:y-sag:20190401113420j:plain

The Learning Commons of the Library. Along the exterior terrain, it has three-tiered space. Honestry, we wanted to make all the space with wooden truss structure; also it saticefyed the law condition;  however it wasn't accepted by the owner. So, to create  the continuity of interior and exterior, we've suggested the similer reciprocal wooden ceiling. Though it is not the structure, we carefully adjusted it with lightings, AC equipments and columns.

Los Comunes de Aprendizaje de la Biblioteca. A lo largo del terreno exterior, tiene espacios de tress niveles. Honestidad, quieriamos crear todo el espacio con la estructura de aleros de madera; cumple la condicion de ley tambien; pero no fue acceptado por el propietario. Por eso, para crear el continuidad de interior y exterior, hemos sugerido el techo similar de madera reciproco. Aunque no es la structura, lo ajustamos cuidadosamente con iluminaciones, los equipamietos de aire acondicionado, y los pilares.

 

開架書架の閲覧カウンター. シンボルロードを見渡せる特等席で, 平日は学生に人気の席になっているようだ. 設計時の協議では, 大学側からガラス貼りで落ち着かないのではとの懸念も出ていたが, 今のところは問題無さそう.

外部の木組みは,サッシ上のフィーレンデールトラスに接続され, トラス部分は排煙窓.

f:id:y-sag:20190401101323j:plain

The reading counter of the library. 'Special seats' with the view of the Symbol Road, which is popular with students at daytime. In the design phase the staffs of collage concerned about this full-height-window seats, but now it may be no problem. The exterior wooden truss is connected to vierendeel truss above the window. There are smoke exhaust windows between the truss.

La mesa de leer, 'asientos espaciales' con le vista del Caomino Simbolo, que es popular entre los estudiantes. En el fase de deseno, los personajes de universidad estaban preocupado por este asientos con ventanas de altura completa. Pero ahora, sin alguna problema. Los aleros de maderas exterior esta conjuntado a aloero vierendeel encima de la ventana. Entre los aloeros vierendeel son las ventanas de humos.

 

特に工事中, 極端な表現だが, 常にここは「戦い」のために来る場所だった.

まだ砂利敷だったキャンパス内を, 大量の図面の入ったキャリーバックと模型を持って現場事務所に向かい, 現場変更や決定のため毎回何らかの「戦い」があった. 施工者に恵まれたのは大きかった.

3月に完成後では初めてキャンパスや図書館に足を踏み入れて, 当然なのだがそうした「戦い」などあたかも最初から無かったかのように静かで清澄な空間が広がり,そこで普通に学生が過ごしているのを見た. その時に初めて, 良い建築が実現できたのでは, と思った次第だ.

関係された方々には感謝したい.

f:id:y-sag:20190401101755j:plain

Especially during construction, this campus was always a site for 'struggle' or 'conflict' for me. Everytime we go toward the field container office, dragging a carry bag with drawings and a model, and everytime there are some 'struggle' of deciding or changing on site. It was salvation to having good builders. It was first time after the completion to walk around the campus and the library in March. It is very naturall but, I saw the quiet and clear space used by students, as if there wasn't any 'struggle' or 'conflict' from the beginning. Also it was a first time for me to notice that a good architecture has been realized. I'd really like to say thank you to all the person concerned.

Especialmente durante la construccion, este campus era el sitio de 'lucha' o 'conflicto' para yo. Todo los veces, ibamos a la oficina de contenadores, arrastrando un bolso con dibujos y una maqueta, y teniamos algunas 'luchas' para decidir o cambiar en el sitio. Fue la salvacion de tener buenos constructores. Fue la primera vez despues de terminacion a caminar por el campus y en la biblioteca en marzo. He visto el espacio tranquilo y libre usado por los estudiantes; aunque es la cosa muy natural; como si no hubiera ninguna 'lucha' o 'conflicto' desde el principio. Tambien fue la primera vez para yo a notar que habia realizado una buena arquitectura. Queria decir gracias a toda la persona interesada.